みんなの旧非トラックバックセンター

非トラックバックセンターと言っても、今はまたトラックバックセンターとして、運用しています。皆様のpingを募集しております。またコメントセンター?としてもみなさまのコメントを募集しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本史についてのトラックバック

日本史についてのトラックバックを募集します。

トラックバックURLはこちら
http://pingtrackback.blog35.fc2.com/tb.php/196-68cfce5a


スポンサーサイト
  1. 2005/12/02(金) 21:45:18|
  2. 受験
  3. | トラックバック:22
  4. | コメント:0
<<世界史についてのトラックバック | ホーム | 地理についてのトラックバック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pingtrackback.blog35.fc2.com/tb.php/196-68cfce5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセスアップについてのトラックバック

アクセスアップについてのトラックバックを募集します。トラックバックURLはこちらhttp://pingtrackback.blog35.fc2.com/tb.php/43-3dafe168自分のブログをもっとみんなに見てほしい! ranQ(ランキ
  1. 2005/12/02(金) 21:47:26 |
  2. みんなのトラックバックセンター

破損。

玄武ちょっと壊れちゃったみたいです(´Д`|||)「玄武」とは奈良県明日香村のキトラ古墳にある壁画「四神図」に描かれている神様の一つです(亀だったかな?)この壁画「四神図」…社会の教科書とかで見た人も多いと思います。近年劣化が進んだため、今文化庁が....
  1. 2005/12/05(月) 10:30:00 |
  2. かき消された歳月

関ヶ原の戦い 陣場野 徳川家康最後陣跡

関ヶ原の戦いが始まった当初、桃配山に陣を敷いていた徳川家康は、戦況が良く掴めないという理由でAM10時ごろ陣場野に陣を移動した。2キロほど移動し、三成の陣まで約1キロ強。なかなか大胆な進軍だ!最初に陣を敷いた桃配山は、かつて大海人皇子が勝利した縁起のいい
  1. 2005/12/17(土) 00:56:33 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 松尾山 小早川秀秋陣跡

西軍を裏切った優柔不断の若武将小早川秀秋。陣を敷いた松尾山に行くには、ちょっと試練だ。松尾山の麓に行くまで車がすれ違えない程の細い車道を通り、駐車場に着いてから40分ほど登山しなければならない。よくこんな所に陣を構えたもんだ!なかなか寝返りを決断しない小
  1. 2005/12/17(土) 08:41:04 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 北天満山 小西行長陣跡

小西行長の陣の跡は、開戦地の近くにある。小早川秀秋の裏切りによって総崩れとなった小西行長の部隊。逃走後捕らえられ、京都の六条河原で斬首となった。商人の出自でキリシタン大名だった小西行長。妻子宛の遺書を斬首されたときの着物に縫いつけ、その内容がイエズス会に
  1. 2005/12/18(日) 00:42:36 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 天満山 宇喜多秀家陣跡

西軍の副大将、五大老の一人、豪姫の旦那であった宇喜多秀家。陣の跡は、人気のない車道から歩いて数百mの寂しい山奥だ。宇喜多秀家の石碑とは別に浮田秀家の石碑もあった。宇喜多?浮田?元々は浮田らしい。宇喜多は当て字のようだ。関ヶ原の戦い後、八丈島に流された宇喜
  1. 2005/12/19(月) 22:56:34 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 小池 島津義弘陣跡

関ヶ原の戦いで怒涛の退却をした島津義弘。この陣跡が伝説の退却(島津の退き口)のスタート地点だ!捨て身の的中突破で薩摩まで帰還。帰還後、なぜか領国を安堵した島津氏。負けた西軍のほとんどの大名が何らかの処分を受けている中でなぜ??無傷の負け組、島津義弘!生き
  1. 2005/12/22(木) 21:30:14 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 松尾山 脇坂安治陣跡

小早川秀秋の裏切りに呼応した脇坂安治の陣跡。松尾山の麓の名神高速沿い側道近くにある。全く人気のない寂しい陣跡だ。脇坂安治はどうして西軍を裏切ったのだろうか。背後にいた小早川秀秋の突然の裏切りで「俺も東軍~!」となってしまったのだろうか。なんと風見鶏な武将
  1. 2005/12/24(土) 12:55:34 |
  2. 歴史マニアへの招待

黒田城跡 山内一豊 黒田城址公園

愛知県一宮市木曽川町の黒田小学校前に黒田城址公園がある。大河ドラマ、山内一豊の父盛豊の居城跡。山内一豊もこの地で生まれたとされている。(岩倉説もあり)公園と言うには狭い敷地だが、きれいに整備されている。あとこの場所はなかなか判りにくい…。探すのに大変だ!
  1. 2005/12/30(金) 10:46:29 |
  2. 歴史マニアへの招待

山内一豊少年立志の像 黒田城址公園

一宮市木曽川町の黒田城址公園内に山内一豊公の銅像がある。馬を引いている銅像だが、名馬で名を馳せた馬揃えのことではないようだ。山内家の居城であった黒田城落城の際、少年であった山内一豊の立志の気持ちを表したものらしい!名馬に見えるが、このときから名馬のオーナ
  1. 2005/12/31(土) 00:49:12 |
  2. 歴史マニアへの招待

山内一豊生誕地の石碑 法蓮寺 一宮市木曽川町黒田

一宮市黒田城址公園の近くの法蓮寺に、山内一豊生誕地の石碑がある。寺の敷地手前にあるので、容易に見ることが可能だ!これとは別に、岩倉市の神明生田神社にも山内一豊生誕地の石碑があるらしいが、実際どちらで産まれたのだろう?何で二説もあるのか。どちらかが事実で、
  1. 2006/01/07(土) 22:14:32 |
  2. 歴史マニアへの招待

山内但馬守盛豊・十郎父子の墓 法蓮寺 山内一豊

一宮市木曽川町黒田の法蓮寺に山内一豊の父である山内盛豊と兄の十郎の墓がある。山内一豊が13歳のときに、織田信長の刺客により黒田城が夜討ちされ、兄の十郎が討死したそうだ。このときから約十年間、秀吉の配下になるまで山内一豊は流転の日々を送っている。なんと厳し
  1. 2006/01/08(日) 12:27:57 |
  2. 歴史マニアへの招待

戦人塚(仙人塚) 桶狭間の戦い

豊明市の桶狭間古戦場近くに戦人塚がある。桶狭間の戦いで敗れた今川兵が供養されている塚だ。この塚だが、閑静な高台の住宅街の一角にある。全く歴史名所的な雰囲気がないが、一応この塚は国指定史跡らしい。ところで近所の住民の方、落武者の亡霊とか気味悪くないのかな?
  1. 2006/01/09(月) 19:07:14 |
  2. 歴史マニアへの招待

厳島神社 宮島

平家一門の守り神であった厳島神社。海に浮かぶ鳥居や神殿が美しい!さすが日本三景。厳島神社の歴史はずっと古い。平清盛が現在の神殿の姿にした遥か昔、西暦593年に創設とのこと。聖徳太子が生きていた時代だ。厳島神社には未完成の巨大建築物、千畳閣がある。豊臣秀吉
  1. 2006/01/10(火) 23:14:08 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 陣場野 田中吉政陣跡

徳川家康の最後陣である陣野場に、田中吉政の陣跡がある。農民の出から筑後一国の太守となった田中吉政。戦国ドリームを掴んだリトル秀吉たる存在だ!秀吉政権時代は、石田三成のバックアップもあり出世したらしい。しかし、関ヶ原の戦いではあっさり東軍に。しかも石田三成
  1. 2006/01/11(水) 23:39:53 |
  2. 歴史マニアへの招待

関ヶ原の戦い 西首塚

国道21号線沿いに関ヶ原の戦いの西首塚がある。徳川家康が首実検した首級を、ここに埋葬しているらしい。一体、どれだけの首がここに埋葬されているのだろう…?首だらけなんて、よく考えてみると恐ろしい…。東首塚に比べ西首塚は規模が大きい。別名胴塚と呼ばれている。
  1. 2006/01/12(木) 22:31:24 |
  2. 歴史マニアへの招待

清洲城(清須城) 天守

名古屋から程近い清須市にある清洲城天守。近年建てられた復興天守だ。新幹線からもよく見える。清洲城といえば織田信長のイメージが強い。織田信長が居たのは10年くらいで、あとは信長の息子が城主となっている。この天守、実際に清洲城があった場所と若干違う。城の手前
  1. 2006/01/15(日) 21:40:45 |
  2. 歴史マニアへの招待

織田信長像 清洲公園

清洲城から近い清洲公園に織田信長の銅像がある。なかなか凛々しくかっこいい銅像。金子賢似の男前な織田信長像だ。銅像のコンセプトは桶狭間の合戦に向かう織田信長。銅像が向いている方向は、ちゃんと桶狭間の方角とのことらしい。ちゃんと測ったのかな?清洲公園は昔、清
  1. 2006/01/19(木) 01:00:44 |
  2. 歴史マニアへの招待

豊臣秀吉生誕地 中村公園 豊公誕生地碑

名古屋市中村区の中村公園内の豊国神社横に、豊臣秀吉の生誕地がある。一農民の子として生まれ、天下を取った豊臣秀吉。ここが生まれた場所かと思うとちょっと感動!もの凄く縁起のいい場所だ!現在の中村公園近辺は、農村の気配は全くない。現在に秀吉がこの場所に生まれて
  1. 2006/01/20(金) 21:46:58 |
  2. 歴史マニアへの招待

那古野城跡

名古屋城の二の丸付近に那古野城の跡地がある。那古野城は織田信長が生まれた城。那古野城の遺構は全くなく石碑だけが建っている。石碑をよく見ると那古野の那の文字しか見えない!?あとは石が磨り減ったのか、何も読み取れない…。石碑、もう新調したらどうか?徳川義直時
  1. 2006/01/24(火) 23:46:32 |
  2. 歴史マニアへの招待

名古屋城 清洲櫓

名古屋城の西北にある清洲櫓。でっかい水堀とマッチした美しい櫓だ。清洲櫓は取り潰しになった清洲城天守閣の古材を使い、建築したものらしい。あくまでも古材を使ったのみで、姿形は清洲城の天守と同じではないようだ。清洲城を廃し、新築の名古屋城に移った徳川義直。何を
  1. 2006/01/26(木) 22:09:33 |
  2. 歴史マニアへの招待

清洲城 石垣跡

清洲城の跡地に石垣の跡が残っている。野面積みの石垣が、五条川の堤防の上に不自然な状態でポツンとある。本当にコレは、清洲城石垣の跡なんだろうか??もの凄く中途半端な状態だ。ただ特に何も残っていない清洲城跡の中で、貴重な歴史遺産。織田信長時代?福島正則時代?
  1. 2006/02/03(金) 20:56:28 |
  2. 歴史マニアへの招待

カテゴリー

フリーエリア


プロフィール

TB(trackback)君

Author:TB(trackback)君
トラックバックセンターにようこそ!

同情するなら「ping」をくれ。爆

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。